忍者ブログ

とりあえず dayly teto

いい加減が、よい加減。
織ったり、染めたり、紡いだり。

教室 始めました。(2007.01.27) *只今お休み
net-shop『つき に まく』始めました。(2009.04.01)

ちょいみせ2009 no.12

2009/10/27(Tue)10:22




秋なのだ。

 + + +

明日から、大阪 「いるふ。」 にて 個展 始まります。

お時間、ご興味ございましたら

くるくる まきに 遊びにいらして下さいませ。

PR

No.257|ちょいみせ 2009Comment(0)Trackback(0)

ちょいみせ2009 no.11

2009/10/26(Mon)12:21

20091026.JPG









流れ星 ひとつ 光 はしる 同じ 空


 

No.256|ちょいみせ 2009Comment(0)Trackback(0)

ちょいみせ2009 no.10

2009/10/24(Sat)16:37


空気が澄んで、いつもより 道の先の少し遠くまで見えそうな季節。


20091024.JPG









こんなクールなまきものは いかがでしょう。


 

No.255|ちょいみせ 2009Comment(0)Trackback(0)

ちょいみせ2009 no.9

2009/10/20(Tue)17:44

小豆、大豊作♪

20091020.JPG









一枚は 「まきもの こしあん」、

もう一枚は 「まきもの あずき茶」 になる予定。

個展でのお目見えをお楽しみに~。


 

No.254|ちょいみせ 2009Comment(0)Trackback(0)

ちょいみせ2009 no.8

2009/10/19(Mon)10:19

太陽の光のもとでなければできない仕事がある。

糸の色選び。

機掛けなどの細かい作業も夜は効率が落ちる。

織りあがった布の目トビをチェックしたり、ゴミをとったりする工程も、そう。

20091019.JPG









縮絨、洗い後もお天気だったら気持ちよく干すことができる。

こうした自然からいただく多くの恵みも

布の中に一緒に織りこんでお届けできますように。


No.253|ちょいみせ 2009Comment(0)Trackback(0)

ちょいみせ2009 no.7

2009/10/18(Sun)15:54

― 実るほど こうべを垂れる 稲穂かな

実りの秋、見事に黄金色した田んぼが何とも豊かで・・・。

さらっと風が吹いて、稲穂がさわさわ揺れると

射した夕日でさらに満たされた気持ちで見とれてしまいます。


20091018.JPG
















このまきものは、あえてその少し手前のシーズン。

ふっくらと膨らみ始めた稲穂は まだ青く、未熟で若い。

黄金色の熟した稲穂の隣で、

「まだ吸収するモノがある」と、顔をぐんっと青空に向けている。

「向かい風なんかに負けるもんか」と、足を踏ん張っている。

そんな一途で留まることを知らない意欲や姿に

こうべを垂れることを知った稲穂は、

「うんうん」と優しく笑ってうなづく。


まぶしい若さは、素晴らしい魅力。

そして、深い包容力にも 心から頭が下がります。


No.252|ちょいみせ 2009Comment(0)Trackback(0)

ちょいみせ2009 no.6

2009/10/11(Sun)16:44

『コーヒー・ルンバ』を口ずさみそうになったくらい

おいしい珈琲豆をいただいた。(幸せです。ありがとう!)

飽き性でめんどくさがり屋の私だが、

珈琲はいつも豆をひいて入れている。

20091011.JPG









焙煎器を買う予定も立てている☆

「煎りたて、挽きたて」の珈琲。

至福の妄想。

No.251|ちょいみせ 2009Comment(0)Trackback(0)