忍者ブログ

とりあえず dayly teto

いい加減が、よい加減。
織ったり、染めたり、紡いだり。

教室 始めました。(2007.01.27) *只今お休み
net-shop『つき に まく』始めました。(2009.04.01)

[PR]

2020/06/02(Tue)01:51

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

No.|CommentTrackback

季節、先取り

2016/03/05(Sat)18:58




ツバメが飛ぶ。

もう少し先のおはなし。













PR

No.657|紡・織・編Comment(0)Trackback

2016年もどうぞよろしく

2016/01/05(Tue)21:21


お正月もあっという間に過ぎ、
あさっては七草粥。
みなさま、本年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

ピンと張ったタテ糸にのびのびとヨコ糸を渡していきましょう。
気持ちがふっとやわらかくなるような、おおらかな布になってね。

久しぶりに、2月には神戸で展示会。
詳細が決まったら、このブログでお知らせします。










No.633|紡・織・編Comment(0)Trackback

よいお年を!

2015/12/28(Mon)20:42


ヒツジ年もそろそろ終わろうとしています。
みなさま、どんな一年でしたでしょうか。

今年も多くの方々に出会って、
馴染んだまきものにも再会させてもらい、
お買い求めいただきました。
ココに一緒に連れてった、気分が上がる~、話しかけられた、
お守りになってる、コーディネートを考えるのが楽しみになったの、
モリモリの励ましがどれほどチカラになっているか。
手を動かしながら、言葉や笑顔が浮かんできます。
物であふれるこのご時世に、
私はコレ!って見つけて選んで、使って、心を込めてくださる。
感謝でいっぱいです!

手紡ぎや手織り、手編みに手縫い。
手を動かす作業は、モノに向き合う時間も自然と多くなり、
素材に触れることで気づくものがあると実感しています。
高速に流れる時代に、
見逃してしまう原点やこぼれ落ちてく宝物の数々に
折にふれ気付かせてくれる。
ありがたい仕事です。
仕事が暮らしだということも幸せなこと。
ばあちゃんになるまで、
ばあちゃんになっても手仕事してたいなあ。

そして今、2016年1月の『つきまき』制作中。



よいお年を!
2016年、みなさまキラキラしてますように☆









No.632|紡・織・編Comment(0)Trackback

メリークリスマス☆

2015/12/25(Fri)16:23













No.631|紡・織・編Comment(0)Trackback

緑づいているこの頃

2015/10/04(Sun)14:28

一週間ほど前、iphoneの電源スイッチが降りなくなった。
その後、カメラが撮れなくなった。
3日前、ついにスライドできなくなり、壊れた。
キャリアを変えることになり、
家で復元や設定準備をしていたのだが、
どうもミスったらしい。
うまく使えない…、泣きたい。

そんなiphoneはほっといて。

あ~、緑っ!
小窓から入ってくる清々しい風も相まって、
気が生き生きと流れる感じがする。
10月の『つきまき』も緑のまきもの。
色の力、ヒツジ自体の持つ生命力、手紡ぎから出る素材感、
…はまった☆
最近はとっても、緑にキュン!です。

常緑の季節っぽい組み合わせですが(写真、暗いなあ)、
チクチク合わせようと思ってます。
こちらはシルク。



プププブローチも、グリーンだよ♪

 
お手紙入れるポケットつきなの。

 
後ろにはブローチピン。
押すとプッ☆
右の鳴き笛が入ってて、少しふっくら立体的。

11月、東京の大森で革作家さんと二人展です。
あと1ヶ月。
ちょい見せ、すでに随時載せてますが(笑)
改めて始めようと思っています。










No.592|紡・織・編Comment(0)Trackback

プププ3

2015/09/13(Sun)14:13

密林で発見された新種のカタツムリ。




毒っ気のある感じもアリでしょ?
でも、押したらプーって泣くのよ(笑)。










No.581|紡・織・編Comment(0)Trackback

これはこれで

2015/09/12(Sat)14:44

湖が見える森の朝もや。
小さな野花や若草。
栗色のカールした髪の女の子が、
夢中になって花冠を編んでいる。

イメージは「春」だねえ。

ま、それはそれとして、
合わせて大判にするまきもの、3枚分織り上がりました。
洗い、終了。
乾かして、アイロンかけて、チクチクしよう。



秋の実りの渋い色と合わせても、
きっと気分晴れ晴れさせてくれるでしょう。

ビビビとひかれあう方のもとに届くとうれしいです。









No.580|紡・織・編Comment(0)Trackback